オール ブラック コーディネートは写真映えが悪い

メンズ ブラック コーディネート
国内では性別に関係なく黒を中心としたスタイルがカッコ良いとの風潮がありますが、黒服のコーディネートは異性を遠ざけてしまう欠点があります。とはいえ独りよがりでも構わないという考えもあります。しかし写真写りは最悪の部類に入ります。

カメラはコントラストが弱い被写体を写すことが苦手であります。特にスマートフォンのカメラに至っては黒の質感の違いを写すことは困難です。そういった理由から、黒一色のコーディネートの写真は光線を強くするなどしないと黒が塗りつぶされて見えます。

メンズ ブラック コーディネート
逆に強い光線で質感の違いを写せたとしても、今度は本来の黒の色彩が失われてしまうこともあります。さらにカジュアル スタイルにおいては、モジモジ君などと呼ばれても否定ができません。

メンズ ブラック コーディネート
参考までに自然界に存在する黒との組み合わせは黄(虎)・白(ペンギン)などが挙げられます。したがってこれらの色との組み合わせはそれほど違和感はありません。しかし赤・青・緑などとの組み合わせは有毒系の動物が多いので避けたほうが無難です。

いずれにしても服飾を勉強された方々の間では、1980年代にブームとなった黒系コーディネートが神格化されているのかもしれません。しかしながら一般的なファッションでは黒を使わなくても十分カッコ良くなれるので、無理をして使う必要は無いかと存じます。

【関連記事】

ダニエレ アレッサンドリーニのスウェットパンツを購入しました
REIGN ITALIA(レイン イタリア)のスウェットパンツを購入しました
Atlantic Starsのスニーカーを海外通販で購入しました
大人向けのモノクローム(白黒)メンズ ファッション

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

© 2021 やさぐれスタイリスト:当ブログの内容をファッション誌で流用することはご遠慮いただいております

アクセスが多い投稿

イタリア人と日本人の足型の比較

Gianluca Vacchi氏は何者なのか?

Santoniの革靴を個人輸入しました

メンズ革サンダルは擦れて痛い場合がある

スタイリストが提案する40代メンズ向けクールビズ【写真】