50代メンズのオシャレは顔回りを整えないとはじまらない

50代メンズ ファッション
当ブログを訪問されている方のなかで、50歳以上のメンズの皆様が占める割合は約10%といった感じであります。サンプル数から見てもこの数値は、国内でオシャレに関心がある50歳以上の男性の割合といっても差し支えないと思います。

しかし少数であっても50代で人生のラウンド2を始めたいと考える方々もいらっしゃると思います(ちなみに50代メンズの方々がどれほど着飾ったとしても、綺麗な若い女性にモテる可能性は残念なが低いと思われます)。

まずファッションは頭部からはじめる必要があります。頭部は外見の印象の2割以上を占め、それは年齢とともに重要になってきます。特に50代の皆様の場合、頭部は外見の5割と考えたほうがよろしいと思います。

基本的に若作りは失敗する可能性が高いので、頭髪は染めないほうが良いのですが髪型には注意を払う必要があります。眉毛は加齢によって不均等に生えてくるので理髪店などで揃え、顔も定期的に剃っていただいくと良いと思います。

そして場合によっては髪型に納得するまで理髪店を変えることも必要です。また理髪店で綺麗にセットした髪型であっても、ご自分で毎日セットできないと意味がありません。したがって凝った髪型は避けたほうが無難です。


加齢で細くなってきた頭髪は、ヘアリキッドやヘアクリームなどの整髪料では頭髪が寝てしまうので少量のオイルを付けると効果的です。特に海外製のオイルは微香性で肌にも使えます。


猪の体毛を使った獣毛ヘアブラシは価格が高めですが、一般的なブラシ以上に頭髪が滑らかになるので女性にもオススメです。私も当初は懐疑的だったのですが、イタリア人女性の方から「獣毛ブラシは常識」と伺ったので即座に購入しました。


良い香りがするご自分専用のフェイシャル石鹸は、お出かけのテンションを上げるためにも必要です。価格も数百円からはじまるので、色々と試して購入されても良いかと思います。参考までに洗顔時には必ず耳の後ろも洗う必要があります。


男女を問わず口臭はすべてを台無しにする諸悪の根源であります。最低でも年1回の歯科医でのクリーニングは不可避です。また口腔洗浄機を使えば歯間の汚れを水流で飛ばせるので、デンタルフロスのような煩雑さが解消されます。特に上記のようなコードレスタイプは入浴時に使えるので便利です。


黒ぶちの眼鏡をかけることによって顔の印象が引き締まります。50代の皆様の場合は老眼鏡であっても妥協せずに2万円以上のフレームを選択されると良いと思います。伊達眼鏡の場合は透明より2段階濃い茶色または灰色のレンズに交換するとオシャレな感じになります。

【関連記事】

NEAL'S YARD REMEDIESのオイルを頭髪用に購入しました
50代メンズのヘア オイルは効能より香りで選ぶ
ペンハリガンのエレニシアの石鹸

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

アクセスが多い投稿

イタリア人と日本人の足型の比較

Santoniの革靴を個人輸入しました

TOD'Sのローファーを個人輸入しました

Gianluca Vacchi氏は何者なのか?

筋トレはベンチプレスのみでスーツが似合う体型になる