ファッションにおけるスプレッツァトゥーラとは何か

デニムジャケットのスタイル
Sprezzaturaはイタリア語の造語で、英語圏のメンズ ファッション用語で近年見かけるようになりました。本来はファッション用語では無いのですが、「自然体のエレガントな装い」といったような意味で使われているようです。そして過剰(やり過ぎ)なスタイルの対極に位置していると思われます。

とは言いいましても、スプレッツァトゥーラを実践するのはなかなか難しい部分があります。何故ならある程度の経験値が必要となるからです。その経験値とはスタイルの試行錯誤であり、そのなかには過剰なスタイルも含まれています。

過剰なスタイルも具体的な定義はありませんが、体型にピチピチ過ぎ・色数が多過ぎ・柄と柄を合わせ過ぎなどが挙げられます。スーツスタイルにおいては柄シャツ+柄ネクタイや、肩パッドなどで体型を補正し過ぎなどが該当します。

近年のメンズ ファッションにおいては国内外を問わず過剰なスタイルの増加が見られ、これはストリート スナップの影響もあると思われます。そしてそれらはビジネスシーンには向かないどころか、女性から見ても同伴を躊躇するレベルの場合もあります。

その一方でスプレッツァトゥーラのスタイルは色や柄の数が少なく、体型の補正も少ないので全体的に柔らかい印象となります。そしてこれらはイタリア人が得意とするファッション スタイルでもあります。

またスプレッツァトゥーラは人物全体の雰囲気も含まれるので、髪型・髭・眼鏡などにも配慮する必要があります。そして広範囲の着こなしが対象となるので、スーツスタイルのみならずカジュアル スタイルもエレガンテなコーディネートが必須となります。

一方で私はどーなのかと言われますと、スプレッツァトゥーラを目指すものの道半ばといった印象です。色数を減らした着飾らない自然体のスタイルは常に考えてはいるのですが、写真で見ると時折そのような雰囲気になっているといった感じです。


ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

アクセスが多い投稿

40代メンズのダブル ライダース ジャケットの着こなし【写真】

イタリア人と日本人の足型の比較

Gianluca Vacchi氏は何者なのか?

Santoniの革靴を個人輸入しました

筋トレはベンチプレスのみでスーツが似合う体型になる

このブログを検索

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *