短パン+半袖のスタイルには日焼け肌が似合う

40代の短パンとポロシャツのスタイル
夏は肌を露出するスタイルが増えるわけですが、短パンと半袖のスタイルで白い肌というのはいただけません。夏でも日差しが少ない西洋の白色人種ならまだしも、連日猛暑日の国内の日本人であれば日焼けをした肌が自然であります。

日差しが強いにもかかわらず腕や足が白いメンズの方々は「ようやく家から外に出る決心が付きましたか……」とか「ご病気で入院されていたのですか?」あるいは「中国系の方ですか?」といったお声をかけたくなるくらい不自然といった印象です。

日焼け肌の男性はスポーツを含む屋外アクティビティに励んでいる印象を与え、それほど筋肉が無くても日焼けだけでカッコ良く見える場合もあります。また筋肉がある方は日焼けによって筋肉の凹凸のコントラストが強くなり、これが理由でボディビルダーの方々は日焼けにいそしんでいるわけです。

Tシャツとスラックスのコーディネート
参考までにスタイリングという観点からは肌の色もコーディネートの一部でございます。例えばピンクゴールド色の腕時計やブレスレットは、東洋人の肌ではあまり目立たない場合があります。逆に白い肌ではイエローゴールド色が目立ちすぎることもあります。

日焼けはお肌にダメージを与えるとかシミになるとか言われておりますが、40歳を過ぎれば誰でもシミが増えてまいります。そして60歳を過ぎればシミなどどーでも良くなるのであります。そんな先のことを心配するより、今をカッコ良く見せたほうがよろしいかと存じます。

【関連記事】

Coast+Weber+Ahausのカーキ ポロシャツ
SUPERGA(スペルガ)のイタリア国旗スニーカー

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

アクセスが多い投稿

イタリア人と日本人の足型の比較

Gianluca Vacchi氏は何者なのか?

Santoniの革靴を個人輸入しました

TOD'Sのローファーを個人輸入しました

筋トレはベンチプレスのみでスーツが似合う体型になる

このブログを検索

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *