テーラードジャケット&Tシャツの組み合わせは通年スタイル【写真】

テーラードジャケットとTシャツのコーディネート
上記のようなスタイルは主に英語圏におけるIT関係の経営者さんがお召しになられているイメージがあります。しかしながらビジネス シーンにおいてはシャツのほうが印象が良いので、このスタイルで熱弁されても胡散臭い人物に見えてしまう危険性もございます。

また夏向けのスタイルのようにも見えますが、実際は通年スタイルでございます。冬季は長袖Tシャツを着用し、コートとスカーフなどを組み合わせるコーディネートも有効でございます。またそれは大人のカジュアル スタイルとして日本国内でも通用いたします。

しかしこのスタイルはジャケットの襟が汗で汚れやすいという欠点を抱えています。特に高温多湿の日本の夏季においては致命的と言っても良いと思います。そしてその汚れを防ぐために、暑いにもかかわらず首にネッカチーフを巻くスタイルが生まれたりするわけであります。

いずれにしてもオシャレを気にする方々にとって汚れは大敵なので、何らかの方法で対処する必要性はあります。とは言ってもクリーニングの頻度を上げたところで汗汚れの変色は進行するので、最終的に面倒になってシャツのスタイルに戻ることもあります。

テーラードジャケットとTシャツのコーディネート
冬季でも温暖な東京都内であれば長袖シャツのスタイルでも問題はありません。防寒目的でスカーフを巻けば襟汚れを防ぐことも可能です。とはいえタートルネックを着用すれば、それらの問題のすべてが解決いたします。

テーラードジャケットとTシャツのコーディネート
シアサッカー ジャケットとTシャツは洋の東西を問わず夏季の定番スタイルと言えるかと思います。白Tシャツのみならず単色Tシャツであれば外れない組み合わせです。

テーラードジャケットとTシャツのコーディネート
洗濯機で丸洗い可能なデニム地のテーラードジャケットは汗汚れを気にする必要はまったくございません。また部分的に色落ちが発生してもそれは経年変化となるので、このスタイルにおいては最も使いやすいテーラードジャケットであります。

テーラードジャケットとTシャツのコーディネート
厚手のコットン生地のテーラードジャケットはTシャツ スタイルに合うのですが、上記のようなボルドー色は汗汚れが目立つので気になります。また長時間着用すると首の後ろ部分の皮膚が擦れる場合があります。

テーラードジャケットとTシャツのコーディネート
シャツジャケットのような軽く羽織るタイプのテーラードジャケットは、襟汚れはそれほど目立たないので夏季でも便利なアイテムであります。そしてシワにもなりにくく価格帯も低いので初めて購入される場合はオススメです。

【関連記事】

BOGLIOLIのタバコ色カジュアル スーツを購入しました
ERAL55のカジュアル テーラード ジャケットを購入しました
Fugàto(フガート)のシアサッカー ダブル スーツ
Doppiaa(ドッピアア)のデニムスーツを購入しました
BOGLIOLIのボルドー ダブル ジャケットを購入しました
ERNESTOのダブルブレスト ジャケットを購入しました

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

アクセスが多い投稿

Gianluca Vacchi氏は何者なのか?

イタリア人と日本人の足型の比較

Santoniの革靴を個人輸入しました

ポロシャツの裾はインでもアウトでも着こなしが難しい

アイヴォルは初心者にも適したサングラス

このブログを検索

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *