40代メンズ向けの派手目な長袖シャツスタイル

40代メンズの長袖シャツスタイル
夏のファッションは薄着となるので、カッコ良さは体型に依存する部分が大きくなります。また男女を問わず体型を隠す目的のファッションは、残念ながらカッコ良いとは言えません。そして40代メンズの皆様の場合、体型を隠すくらいなら日焼けをしたほうが女性にモテる確率は上昇いたします。

一般的に半袖シャツはカッコ良く見せることが難しいウエアであり、その大きな理由は幅が太い袖部分にあります。これによって細い腕の方は細さが強調されることになります。それも若者さんなら細くてもカッコ良く見えるのですが、40代を超えると貧相な体型に見える可能性が高くなります。

以上のような点を考慮すると長袖シャツのほうが使いやすい傾向にあり、ヨーロッパ諸国においても主流であります(日本より気温が低いこともありますが)。そのなかでも派手目な色や模様の長袖シャツは、薄着のアイテムのなかでも存在感を示すための有効なアイテムでございます。

ただし派手目な柄のシャツはテーラードジャケットと合わせることが難しいので、シャツ単体のスタイルとして着こなす方法が良いと思います。そしてデニムと白コットンシャツのスタイルを確立された方であれば、容易に柄シャツも着こなすことができると思います。

40代メンズの長袖シャツスタイル
薄ピンクは比較的難易度が低いシャツであります。スーツに合わせるシャツとしても薄ピンクは使いやすく、そのままデニムと合わせればカジュアルスタイルに移行することができます。

40代メンズの長袖シャツスタイル
西洋では年齢層が高いメンズがピンク単色シャツを着こなしているスナップ写真を時折見かけます。そして日焼け肌との相性が抜群に良いので、夏向けのシャツと言えるかと思います。

40代メンズの長袖シャツスタイル
ブルーのなかでもネイビーと違い、上記のような鮮明なブルーはドレッシーな印象となるのでコーディネートが難しい面があります。シャツ自体がシンプルでもインパクトがあるので、パンツを工夫するなどしてシャツの印象を薄めると良いかもしれません。

40代メンズの長袖シャツスタイル
ボタニカル柄(花柄)のシャツは40歳を超えたら一度は試す価値があるアイテムでございます。特に体型が細い方はお似合いになり、スタイル全体の印象が大きく向上する可能性があります。

40代メンズの長袖シャツスタイル
縦ストライプ柄は上半身が細く見えるので、太めの体型の方にオススメです。また細いストライプ柄より太いもののほうがイヤらしく見えるので、そのような目的であれば適切な柄であると思います。

40代メンズの長袖シャツスタイル
イエローは難易度が高めですが、腹をくくって着てしまえばこちらのものでございます。そして白系のパンツとの相性も良く、玄人さん向けのスタイルと言えます。また意外と黒のアウターとも良く合う感じです。


参考までに腕まくりをする場合はミラノ捲くりなどと呼ばれる上記のような捲くり方がワイルドでカッコ良く見えます。この捲くり方はキッチリと袖を畳まずにテキトーで問題ありません。ただし肘の外側までしっかり捲らないと袖が落ちてくる場合があります。

【関連記事】

Giannetto(ジャンネット)のカラーシャツを購入しました
AT.P.CO(アティピコ)の長袖シャツ

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

アクセスが多い投稿

40代メンズのダブル ライダース ジャケットの着こなし【写真】

イタリア人と日本人の足型の比較

Gianluca Vacchi氏は何者なのか?

Santoniの革靴を個人輸入しました

筋トレはベンチプレスのみでスーツが似合う体型になる

このブログを検索

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *