ウエスタン デニムシャツは40代メンズの超万能アイテム

40代のウエスタン デニム シャツのコーディネート
一般的なウエスタン シャツは装飾や柄が入ったアメリカン カウボーイ スタイルですが、デニム生地を使用した無地のものはそれらとは別カテゴリーのシャツとなります。それでも両胸のポケットや肩パッチやスナップボタンなどのデザインは継承しています。

ウエスタン デニムシャツは、シャツ単体でも裾を出してもテーラードジャケットと合わせることも可能な非常に汎用性が高いアイテムでございます。さらに耐久性も高く、ジーンズと同様の洗濯方法でも問題はありません。また意外とフロントのスナップボタンの使い勝手が良いのも特徴です。

そしてこのシャツは若者さんのような身体が薄い方々よりは、贅肉がたっぷりと乗った40代メンズの方々のほうがお似合いになります。特にウエイトトレーニングをされている方々にとっては破壊力抜群のアイテムであります。

ウエスタン デニムシャツを着こなす場合、シャツの裾は基本的にインをします。裾をアウトしても問題はありませんが、だらしがない若者スタイルと見られることもあるのでインをしたほうが無難です。また本来のウエスタン シャツも裾をインする着こなしが前提となっています。

ウエスタン デニムシャツに限らずシャツの裾をインする場合はベルトがスタイリングにおける重要なアイテムとなります。特にこのスタイルでは茶系の革ベルトは必須アイテムであり、バックルや皮革部分に装飾が付いているカウボーイ タイプのベルトなども良いと思います。

40代のウエスタン デニム シャツのコーディネート
色落ちした外見のサックスブルーのデニム シャツは最も使いやすく合わせやすい色であります。さらに適当に合わせても一撃で印象が変化し、女性ウケもよろしい印象です。同系色のブルー ジーンズであっても合わせることが可能です。

このスタイルではベルトと靴の色を合わせる必要は無いと思います。ローファーであれば黒より茶色が良いとは思いますが、白スニーカーでも問題は無いと思われます。また派手な柄のスニーカーを組み合わせれば上級者仕様となります。

40代のウエスタン デニム シャツのコーディネート
ベージュは入手が難しい関係もあって、どちらかと言えば上級者向けのアイテムです。そしてシンプルながらあまり見かけない白ジーンズとの組み合わせは、玄人さん向けであります。このスタイルはベルトの選択が難しいので、場合によってはベルト無しでも良いかもしれません。

40代のウエスタン デニム シャツのコーディネート
インディゴブルーとブラウン パンツは、海外のファッション スナップでは必ず見かける定番と言っても良い組み合わせです。しかし日本国内においてはカッコ良い組み合わせと紹介されているだけで、実際に試される方はかなり少数であると思われます。

参考までにウエスタン デニムシャツは通常のドレス シャツとはデザインが異なるので、肩で合わせるとオーバーサイズになる可能性があります。また第一ボタンは留めないので、首周りのサイズは無視しても構いません。可能であれば通常サイズよりワンサイズ下げたほうがよろしいかと存じます。

【関連記事】

ハイドロゲンのウエスタン デニムシャツを購入しました
Care Labelのウエスタン デニムシャツを購入しました
ハイドロゲンのウエスタン ブルー デニムシャツを購入しました
Tom Fordのサングラス(LOUIS)を購入しました
DITA GRAND RESERVE TWOを購入しました
アイヴォルは初心者にも適したサングラス

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

アクセスが多い投稿

Gianluca Vacchi氏は何者なのか?

イタリア人と日本人の足型の比較

Santoniの革靴を個人輸入しました

ポロシャツの裾はインでもアウトでも着こなしが難しい

アイヴォルは初心者にも適したサングラス

このブログを検索

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *