メンズ カーディガンは出番が少ないアイテム

40代のメンズ カーディガン コーディネート
メンズ カーディガンは着こなす以前に、購入する意欲の有無が問われるアイテムでございます。基本的にカーディガンはお利口さん風のスタイルで多く利用され、男らしさはあまり感じられません。また上半身を鍛えるとムチムチの外見、鍛えていない場合は細さが強調される傾向があります。

さらにカーディガンはスタイリングにおいて他のアイテムで代用が可能であり、単体でコーディネートする場合は屋内または限られた季節となる場合もあります。そのような理由から購入に際しては着用するシーンを明確にイメージしないと着用頻度が少なくなると思われます。

40代のメンズ カーディガン コーディネート
カーディガンに限らずジレやニットウェアなどは、シャツとテーラードジャケットの間で着用する機会が多くなります。そしてそれらはコーディネートの付加的アイテムであります。したがって着用することによって一撃でオシャレにすることは難しい印象です。

40代のメンズ カーディガン コーディネート
私の場合はテーラードジャケットやブルゾンやコートのスタイルが多いので、タートルネックを除いてニットウェア類やセーター類の組み合わせは少なくなります。それでもTシャツと合わせることも視野に入れておりますが、毎年のように着用する機会を逃しております。

とりあえずカーディガンと長袖シャツを合わせる際には、テーラードジャケットの場合と同様に長袖シャツの袖先をカーディガンから出すことによって多少のアクセントになります。また一番下のボタンは外してカーディガンの腹部のシワを逃したほうがよいかと思います。

【関連記事】

SettefiliCashmere(セッテフィーリ カシミア)のカーディガン
金子眼鏡のサングラスを購入しました
PT ICON(ピーティーアイコン)のコットンパンツ
現在までに購入した6本のFortela(フォルテーラ)のパンツ

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

アクセスが多い投稿

Gianluca Vacchi氏は何者なのか?

イタリア人と日本人の足型の比較

Santoniの革靴を個人輸入しました

ポロシャツの裾はインでもアウトでも着こなしが難しい

アイヴォルは初心者にも適したサングラス

このブログを検索

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *