テレビ出演時はノイズが出やすい縦縞シャツにご注意


テレビに出演される方のスタイリングをする場合、ご本人がカッコよければ良いというものではございません。他の出演者の方々のスタイルや、その方の身体的・職業的特徴を活かすようなスタイルを考慮する必要があります。したがって3パターン程度の服装の組み合わせや、メガネなどのアクセサリ類を複数用意することもあります。

そういったなかでも注意が必要なのは縦縞アイテムです。特にクレリック シャツなどでも使われる細い縦縞(ストライプ)は、上記のジャケットのように縦縞柄が歪むノイズが出ることがあります(細かい格子柄などでも発生します)。そしてこれらのノイズは映像のみならず写真でも発生し、スタイリングを台無しにしてしまうことがあります。

昨今はコロナウィルス関係で医療関係者の方々がテレビ出演されているのをお見かけします。そしてそういった方々が初めてテレビ出演される際に、オシャレを考えて縦縞シャツを着用されているケースもあるかと思います。そのような場合には注意をされないと胸元にノイズが発生する危険性があります。

そもそも縦縞などの柄シャツとネクタイの組み合わせはオシャレというよりは相手に対して威圧的な印象を与える場合があり、医療従事者には向かないスタイルでございます。それでも華やかなショービジネス関係の方々であればOKではありますが、一般的に相手があるビジネス関係の方々は避けたほうが無難です。

気合を入れたスーツスタイルを考える場合に柄シャツを選択することは理解できますが、シャツに合わせるネクタイが問題となります。そして基本的にネクタイはスーツと合わせるアイテムであり、シャツと合わせることはありません。したがってスーツ スタイルには装飾なしの無地のシャツが最良の選択となります。

参考までに医療従事者の方々の眼鏡は、患者さんに優しいイメージを与えるツーポイントフレームが主流のようです。ネクタイはエルメスがお好きな方が多いと伺ったことはありますが、カジュアル ブランドなのでテレビ出演にはあまり向かない印象です。もし私が選択するのであればネイビーの無地、もしくは暗色の小紋柄などが候補となるかと思います。

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

投稿総数:

アクセスが多い投稿

イタリア人と日本人の足型の比較

Gianluca Vacchi氏は何者なのか?

Santoniの革靴を個人輸入しました

Parabootの革靴(CLAUDEL)を個人輸入しました

テーラード ジャケットの袖ボタンの付け方

ベルルッティ結びの結び方(動画・図解)

このブログを検索

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *