ウエスタン デニム シャツ&テーラードジャケットのコーディネート


Location: Conrad Tokyo
国内におけるウエスタン デニム シャツはアウターとしての着こなしを良く見かけますが、欧米では通常のドレスシャツとして使われる場合もあるようです。なかでもサックスブルーは人気がある色でございます。

とは言いましてのサックスブルーは色合いが重要なポイントです。ウエスタンデニムシャツの場合は色が薄すぎたり、グラデーションやダメージ加工が施されているものはワイルドに見えすぎる傾向があります。したがって購入の際には妥協をしないほうが良いと思います。


組み合わせるテーラードジャケットは、海外においてはベージュのダブルブレストが良く使われております。ちなみに同じ色のシングル ブレストも試しては見たものの、シャツの面積が広すぎてバランスが崩れる感じです。またネイビーのテーラードジャケットも合うと思います。

ボトムスはブルー ジーンズが最も合わせやすい感じです。コーディネートの注意点としてはテーラードジャケットでもスーツであっても、シャツの袖はジャケットの袖から出す必要があります。そして場合によってはシャツの袖ボタンを外し、外側に折り返す方法も有効であります。


ピンストライプ スーツとの組み合わせはショービジネス向けですが、私の知る限り上記のようなコーディネートは初めて見るスタイルです。アレッサンドロ・スクアルツィ氏はスーツも数多くお持ちなので、氏が考える最良の組み合わせであると思われます。

【関連記事】

Tom Fordのサングラス(LOUIS)を購入しました
Magyars(マージャーズ)のダブルブレスト ジャケット
ハイドロゲンのウエスタン デニム シャツを購入しました
ヤコブ コーエンJ622のジャージ デニムを購入しました
Atlantic Starsのスニーカーを海外通販で購入しました

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

アクセスが多い投稿

イタリア人と日本人の足型の比較

Gianluca Vacchi氏は何者なのか?

Santoniの革靴を個人輸入しました

TOD'Sのローファーを個人輸入しました

筋トレはベンチプレスのみでスーツが似合う体型になる

このブログを検索

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *