40代メンズ向けデニムシャツのコーディネート

メンズ デニムシャツのコーディネート
デニムシャツはある意味使いやすいアイテムではありますが、シャツジャケットのように前ボタンを全開にしたスタイルは若者さん向けなので40代の皆様の場合はシャツをパンツにインをすることをおすすめいたします。

一般的にデニムシャツは、シャンブレーシャツとウエスタン デニム シャツとのつに分類できるかと思います。シャンブレーは薄手のデニムシャツと解釈しても差し支えないと思われます。そしてウエスタン デニム シャツはアメリカ発祥のウエスタン デザインのデニム シャツの総称であります。

メンズ デニムシャツのコーディネート
シャンブレーシャツは、ドレスシャツとしてネクタイ着用にも対応可能です。しかしネクタイとのコーディネートは難易度が高めなので、ネクタイ無しのジャケット+パンツ スタイルのほうが簡単です。また一撃でスタイルを格上げすることが可能なアイテムでもあります。

メンズ デニムシャツのコーディネート
ウエスタン デニムシャツのなかでもスカイブルー(サックスブルー)は最も使いやすい色です。過去にはアメリカの刑務所の囚人服として使われていたこともあり、ワイルドなスタイルに向いております。そして意外とテーラードジャケットとも相性が良い印象です。ちなみに上記のような上下をデニムで合わせる方法はアメリカン カウボーイ スタイルとなります。

メンズ デニムシャツのコーディネート
またウエスタン デニムシャツは革ジャンと合わせることもできます。ボトムスはジーンズでも十分ですが、チノパンと合わせると上級者風味のスタイルとなります。

メンズ デニムシャツのコーディネート
チノパンと合わせる場合はインディゴ ブルーのウエスタン シャツが最もエレガンテに見えると思います。上記のようなコーディネートは裾幅が狭いパンツ(18㎝前後)と合わせれば失敗することは少ないと思われます。

メンズ デニムシャツのコーディネート
意外と使いやすいのが白のデニムシャツです。一般的な白のオックスフォード ボタン ダウン シャツの代用とするとコーディネートの幅が大きく広がります。

個人的にウエスタン デニム シャツは、色黒で身体を鍛えた方々のほうが似合うと思っております。特にラグビー選手などの筋肉体型の方々であれは、腕まくりをすることによって強烈にワイルドさを強調することが可能かと存じます。

【関連記事】

イタリア風味のウィンター メンズ ファッション
ハイドロゲンのウエスタン デニム シャツを購入しました
ハイドロゲンのウエスタン ブルー デニムシャツを購入しました
Care Labelのウエスタン ホワイト デニムシャツを購入しました

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

© 2021 やさぐれスタイリスト:当ブログの内容をファッション誌で流用することはご遠慮いただいております

アクセスが多い投稿

メンズ革サンダルは擦れて痛い場合がある

イタリア人と日本人の足型の比較

Gianluca Vacchi氏は何者なのか?

40代以上のメンズTシャツ スタイルは長いパンツと合わせる

Santoniの革靴を個人輸入しました