ネイビー ダブルジャケットのメンズ コーディネート

ネイビー ダブルジャケット メンズ コーディネート
金ボタンのネイビー ジャケットといえばアメリカン トラッド スタイルの紺ブレザーとしてのイメージが強い一方で、金属ボタンによって好き嫌いが分かれるジャケットでもあります。またダブル ブレスト仕様ともなりますと街角で見かけることは少なく、トラッド スタイルがお好きな年齢層の高い方々が会合などで着用されている印象です。

そして近年のイタリア製ネイビー ジャケットはアメリカン テイストを残しつつ、着丈が短くウエストを絞ったイタリアン スタイルになっております。特にエレガンテとはあまり言えない大きめ金ボタンは、フラットでくすんだ金色などに交換されているものを多く見かけます。

合わせるパンツはグレーやホワイトが純正に近いトラッド スタイルです。またイタリアン スタイルということであれば、パンツの丈を短くする方法が良いと思います。特に現代のイタリア製パンツは裾幅が18cm前後でテーパード シルエットとなっており、伝統的なシルエットの紺ブレザーと合わせてもカッコ良く決まりそうです。

40代 紺ブレザー コーディネート
冬向けのジャケットであればフランネル生地のグレー パンツは外すことができない組み合わせでございます。このコーディネートにおいてはパンツのシルエットが重要になります。可能な限り下半身が細く見えるシルエットのパンツのほうがエレガンテに見えるかと思います。

40代 紺ブレザー コーディネート
デニムは選択する色やシルエットによって全体の印象が大きく変化します。基本的にはジャケットのネイビーより明るい色のデニムほうが合わせやすいと思います。さらにダメージドデニムと合わせることにより、ジャケットの上品さとデニムのワイルドさが相まって上級者向けのコーディネートになります。

40代 紺ブレザー コーディネート
ネクタイとの組み合わせでは同色のネイビーを基本とすれば外れることは少ないと思います。そしてイタリア製のジャケットとレジメンタル ストライプのネクタイの組み合わせは、トラッド スタイルを継承したシャープな外見となります。また金ボタンの色に合わせたイエローや、銀ボタンに合わせたグレーなどのネクタイは上級者向けのコーディネートと言えるかもしれません。

40代 紺ブレザー コーディネート
白パンツや白デニムは通年で合わせることが可能なアイテムです。特に白デニムは着崩した感じのカジュアル スタイルとなります。アメリカン スタイルではタートルネックをあまり合わせないのですが、合わせることによってまったく別物のネイビー ジャケットのスタイルに変化いたします。

参考までにダブル ブレスト ジャケットの着こなしの一般的な方法として、前ボタンは上の1箇所留めとすると胴が短く見えます。また長袖シャツの袖はジャケットの袖から必ず出し、無地シャツを合わせる方法が最も簡単にまとまります。

【関連記事】

BOGLIOLIのネイビー ダブル ジャケットを購入しました
マリネッラの小紋柄オーダー ネクタイ(2本め)
現在までに購入した6本のFortela(フォルテーラ)のパンツ
EREDIRIDELLIのフランネル パンツを購入しました

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

アクセスが多い投稿

イタリア人と日本人の足型の比較

Gianluca Vacchi氏は何者なのか?

Santoniの革靴を個人輸入しました

TOD'Sのローファーを個人輸入しました

筋トレはベンチプレスのみでスーツが似合う体型になる

このブログを検索

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *