40代メンズ向けの冬の重ね着スタイル

重ね着スタイル
冬季における重ね着スタイルはどちらかと言えば細い体型向きであり、中年太りをされていたりウエイト トレーニングをされている方々の場合は物理的に重ね着が不可能であったりします。また、国内における女性ウケはそれほどよろしくない模様です。

上記のスタイルは機能性下着+タートルネック+シャツ ジャケット+コートといった上半身4枚の重ね着です。そして組み合わせるアイテムの種類にも依存しますが、重くて動きにくいスタイルでもあります。防寒目的であればシャツ ジャケットの代わりにスカーフなどを利用したほうが遥かに楽です。

重ね着スタイルの難しい点は肩周りと腕にあります。この部分が太い場合、アウター ウェアを着たり脱いだりする際などに動きがかなり制限されます。そういった意味においては、上半身が薄い方々の体型隠しに向いたスタイルと言えるかもしれません。

着こなし方法はチラ見せを含めてすべてのアイテムが外から見えないと重ね着の意味がありません。またボヤけたコーディネートを避けるため、柄物は無しあるいは1点に絞る必要があります。そしてコートの下には固い素材のコットン ブルゾンなどを着用するとイタリア風味となります。

参考までにヨーロッパなどにおいてはコート+デニム ブルゾン(Gジャン)の組み合わせが多い印象です。もしデニム ブルゾンをお持ちの方であれば、普段のデニム ブルゾンのスタイルの上にコートを着用するだけで劇的にスタイルが変わるかもしれません。

【関連記事】

lafontのサングラスを購入しました
Gabriele Pasiniのウール コートを購入しました
NINE:INTHE:MORNINGのグリーン ワークシャツを購入しました
VIGANOのウール フランネル パンツを購入しました
VIA VOLTA FLORENCEのボア付きスニーカーを購入しました

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

© 2021 やさぐれスタイリスト:当ブログの内容をファッション誌で流用することはご遠慮いただいております

アクセスが多い投稿

メンズ革サンダルは擦れて痛い場合がある

イタリア人と日本人の足型の比較

Gianluca Vacchi氏は何者なのか?

40代以上のメンズTシャツ スタイルは長いパンツと合わせる

Santoniの革靴を個人輸入しました