ビジネススーツは青シャツとネイビーネクタイで大きく変わる

グレースーツとネイビーネクタイ
ビジネススーツをオシャレな着こなす方法としてはゼロから始める初心者の場合と、中級者以上がステップアップする場合に分けられるかと思います。前者の場合はスーツの他にシャツや靴も含まれ、後者の場合は概ねスーツのみの変更で問題ありません。そして初心者の方々の場合、スーツを新たに購入する前に基本的なアイテムを揃えることをお勧めしいたします。

オーソドックスなビジネス スーツ スタイルは無地のダーク カラー スーツ(黒以外)、無地の白長袖シャツ(ボタンダウンシャツ以外)、無地の単色ネクタイ、黒靴下(長いもの)、内羽根式のストレートチップ黒革靴の組み合わせとなります。そしてこれらは国際的にも通用するビジネス スタイルでもあります。

Santoniの革靴を個人輸入しました
参考までに上記のような内羽根式ストレートチップ黒革靴は、ビジネス パーソンにとって必需品でございます(プレーン トゥでも可)。

Parabootの革靴(CLAUDEL)を個人輸入しました
しかし同じストレートチップ黒革靴であっても、上記のような外羽根式はカジュアル向けなので通常はビジネス スーツとは組み合わせません。

ビジネス スーツに関しては少々動きにくい程度のフィット感であれば概ね外観上の問題はありません。そしてスーツ スタイルはスーツそのものでは無く、シャツやネクタイを変えることでオシャレに見せることが可能です。例えば同じ自動車であってもタイヤ ホイールを交換するだけで印象が大きく変化するのと似ています。


その中でも無地の青シャツとネイビー ネクタイは西洋でよく見かける組み合わせでございます。ビジネス シーンやパーティー シーンにも対応し、様々なスーツと合わせることも可能です。青シャツはコットン100%素材の薄青色が最もエレガンテに見えます。ネイビー ネクタイはシルク100%であればブランドは問いません。

色物シャツはちょっと……とおっしゃる方もいらっしゃいますが、青シャツはストライプ シャツやクレリック シャツなどより遥かにビジネス向きであります。ネクタイは単色が望ましいのですが、多少は柄があっても問題ありません。また組み合わせるスーツによってはボルドー色(赤は不可)でも良いと思います。

ちなみに柄シャツと柄ネクタイを使用したVゾーン(和製英語)のコーディネートといった手法は、一般的なビジネス シーンには向いておりません。国内ではファッション誌などで紹介されることもありますが、それらはショービジネスあるいはパーティー向けのコーディネートと割り切ったほうが安全です。

青シャツとネイビー ネクタイの組み合わせは費用対効果が高く、初心者の方々にもおすすめのコーディネートです。特にスーツ姿が子供っぽく見える方、何かの拍子に同窓会に行く場合、気になる母親がいる父兄会に出席する場合、行きたくもない海外出張を命じられた場合、何とかしたい部下の女性と食事する場合……などにも有効なスタイルでもあるかと存じます。

【関連記事】

メンズ ドレス コードの意味はオシャレをすることでは無い【写真】

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

アクセスが多い投稿

イタリア人と日本人の足型の比較

Gianluca Vacchi氏は何者なのか?

Santoniの革靴を個人輸入しました

TOD'Sのローファーを個人輸入しました

筋トレはベンチプレスのみでスーツが似合う体型になる

このブログを検索

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *