40代メンズ向けのウィンター トラベル ファッション

40代メンズ 旅行ファッション
Location: 金沢駅
冬季の旅行においてはダウン ジャケットを着用される場合が多いかと思います。私も以前はそうしていましたが、最近はウール コートを着ることにしております。理由としては着丈が短いダウンジャケットはお尻が寒く、お尻が隠れる男性用ロング ダウンジャケットはあまりエレガンテでは無いことにあります。加えてダウン ジャケット類は嵩張るので、店内や室内では脱いだときに置き場所に困ります。

近年の女性用ダウンジャケットはデザインが年々洗練されてくる一方で、男性用のそれはお世辞にも洗練されているとは言えません。こう言っては何ですが、国内で人気のカナダグースであっても冬の屋外作業用アウターにしか見えないのでございます。さらに東京などの温暖な都会では仕事用スーツにダウンジャケットは暑苦しいので、コートのほうが適切な服装であると思います。

そういった理由もありまして、旅行先の気温が氷点下でなければコート&タートルネックのスタイルをご提案する次第であります。コートは畳めばダウンジャケットほど嵩張りませんし、重ね着などで微妙な体温調節を行うことが可能です。そして綺麗な景色を背景にご自身の写真を撮る際にもコートのほうが写真映えいたします。


コート&タートルネックのスタイルにおいて問題となるのは、国内においてタートルネックの認知度があまり高くない点にあるかと思われます。タートルネックはオシャレな方々は必ず所持していますが、一般的にはそれほど浸透しておりません。しかしある程度のオシャレなスタイルを目指す40代以上のメンズの方々とって、実用性も含めて避けては通れない冬のアイテムでございます。

タートルネックはダサいなどとお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、日本より寒いヨーロッパを中心とした西洋では冬の定番アイテムでございます。国内の40代メンズの皆様におかれましては、冬季のコットン シャツは冷たいのでネルシャツなどの起毛シャツを着用される方も多いかと思います。しかし起毛シャツは着こなしが難しい上に、超絶にダサくなる危険性をはらんでおります。

またコートに関しては、通勤用コートでも流用可能な場合があります。例えばトレンチコートは勝ったも同然のアイテムなので、タートルネックと問題無く合わせることが可能です。春先に使う薄手のコートでなければ、タートルネックと合う可能性はかなり高いと思います。


オシャレなスタイルは地元より旅先で威力を発揮する場合もあります。旅先で実用性を重視した退屈なスタイルをする理由はありません。移動や着替えのことをある程度考慮する必要はありますが、旅慣れたオシャレな方々などは移動中や旅行先でもファッションを楽しんでおられます。特にタートルネックは安価なものでも印象が大きく変わるアイテムなので、試されてもよろしいかと存じます。

【関連記事】

ダウンジャケットとスーツの組み合わせはどーなのか?
DITA GRAND RESERVE TWOを購入しました
HEVO(イーヴォ)のキャメル コートを購入しました
Doppiaa(ドッピアア)のデニムスーツ
BRIC'Sのソフト キャリーケースを購入しました

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

アクセスが多い投稿

Gianluca Vacchi氏は何者なのか?

イタリア人と日本人の足型の比較

Santoniの革靴を個人輸入しました

Parabootの革靴(CLAUDEL)を個人輸入しました

テーラード ジャケットの袖ボタンの付け方

ベルルッティ結びの結び方(動画・図解)

このブログを検索

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *