アメリカの一般的なメンズ ドレス コード(図解)

ネイビー ジャケットのスタイル
日本国内においてDress Codeという英語が使われ始めたのは最近でございます。国内では高級レストランやパーティーなどの厳格な服装規定として使用されることが多いかと思いますが、アメリカでは一般的な服装の決まりと言った意味であります。

服装の規定は特定の集まりなどにおいて皆が同様のスタイルで参加することを目的としています。またその場所の雰囲気に合った服装という意味でもあります。したがってカジュアル指定の会合においてネクタイ着用のスーツ スタイルで参加するのは規定に反することになります

日本におけるドレスコードの解釈は西洋のそれと比較して緩やかであると思われます。理由としては西洋のドレス コード自体を理解している方々が少なく、例えばボウタイ(タキシード)指定のパーティーの日本人参加者のほとんどがスーツ スタイルであったといったお話も伺ったこともあります。

結局のところ国内ではネクタイ着用のスーツ スタイルまたは、ネクタイ無しのジャケット+パンツのスタイルの2つができれば問題はありません。しかし西洋人との会合が多い職場などでは、タキシードをお持ちになったほうが万が一の場合に安心かと思います。

以下はアメリカにおけるドレスコードの参考画像です。日本ではタキシードを着用する機会が少ない一方で西洋はパーティーが多く、さらにパーティーもカジュアルからフォーマルまで分類される関係で白のボウタイも含まれていると思われます。



ウルトラ カジュアル スタイルでは短パン+Tシャツが基本となっております(特に西海岸)。自宅近辺やモールなどにおけるファッションといったところです。腕時計は必要アイテムではありませんが、価格よりファッション性が高いものがよろしいかと思います。

夏季のカジュアル スタイルではポロシャツ+デニム+デッキシューズが推奨されております。デニムは細身でくるぶし丈のほうが良いと思います。スニーカーよりはローファーやモカシンあるいはドライビングシューズなどのほうが良いと思います。

ビジネス カジュアル スタイルでは同系色のジャケットとパンツが中心になっており、特にアメリカでは茶系はカジュアル色として定着しています。スーツの流用は不可で、ボタンダウンのシャツの組み合わせも良いと思います。

セミフォーマル/ビジネスは一般的なビジネス ウエアです。靴はローファーは不可で、ストレートチップまたはプレーントゥの紐靴が基本となっております。また柄物シャツは避けたほうが無難です。

クリエイティブ ブラック タイはいまひとつ着用シーンが不明ですが、タキシード以外の服装も混在しているパーティー シーンにおける服装かと思われます。

ブラック タイはいわゆるボウタイ指定のパーティーにおける服装です。一般的はこれが最もフォーマルな装いとなります。ボウタイはフック留めより手結びが推奨されます。靴はエナメル表面のストレートチップやオペラパンプスなどが良いと思います。

ホワイト タイは西洋における最上級のフォーマルな服装ですが、日本では内閣発足時の閣僚の記念写真やノーベル賞の授賞式などで見かける程度です。

【関連記事】

ビジネス アタイアで指定された服装とは
10万円以下のビジネス スーツの違いはわからない

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

投稿総数:

2012年~2019年の投稿

もっと見る

このブログを検索

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *