イタリア製カジュアル パンツの履き心地はあまり良くない


今までにイタリア製パンツを40本ほど購入している私でございますが、国内メディアなどにおいてイタリア製パンツが過大評価されている傾向があるので抗議してみたいと思います。そもそも雑誌やウェブにおけるイタリアのパンツ ブランドの紹介記事の多くが、試着すること無く紹介されていることにも問題がございます。

近年のイタリア製パンツは股上が浅い(ローライズ)のデザインが多い印象です。日本人は西洋人よりお尻が小さいのでイタリア人向けのローライズのデザインは、ウエストでサイズを合わせると腰回りが緩くなる場合があります。逆に日本人でも腰回りがキツく直線的なデザインのパンツもあります。


裾幅はストレス無しで履ける限界の細さは18cmであり、16~17cmになると標準体型の方でもふくらはぎがパツパツになります。そういった細い裾幅で腰回りが緩いテーパード パンツは、椅子から立ち上がると上記のようにふくらはぎが詰まって腰から膝にかけてシワが寄ります。また、長い靴下を履くと靴下がパンツに引っかかります。

参考までにイタリア製のパンツはサイズ表記があまり当てになりません。そして毎年のように新作が出るので、前年のモデルとは異なるサイズ感になることも珍しくありません。私は海外通販で勝負して購入することもあるのですが、3割程度はサイズやフィット感などが合わずに失敗しています。

それでもストレッチ素材であれば履き心地は悪くないのですが経年でシルエットが崩れやすく、特に膝が抜けることが多いのが難点です。しかしイタリア製パンツの素材は、質感や多様性という観点からは世界一であることは間違いありません。

結局のところイタリアのカジュアル パンツは、専業ブランドであっても履き心地に関しては試着してみないとわかりません。特に股上が浅いパンツは、試着時に中腰(椅子に座った姿勢)になってから立ち上がるなどして背中のあたりのフィット感も確認されるとよろしいかと存じます。

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

投稿総数:

2012年~2019年の投稿

もっと見る