サマー ニットTシャツは真夏には暑すぎる

サマー ニットTシャツのコーディネート
Location: 木更津かんらんしゃパークkisarapia
先日ニットTシャツを購入いたしましたが、日本の真夏は暑すぎて着用が難しいとの結論に達しました。編み方が粗いローゲージ ニットであれば着用可能かもしれませんが、細かい編み目のニット ウェアは熱が内部にこもるので屋外における長時間の着用は厳しい感じです。

国内ではローゲージニットが風を通しやすく、体温も外に逃げやすいのでTシャツの代替アイテムなどとして紹介されています。またその場合は肌が透けやすいのでインナーウェアを下に着用することが推奨されている場合もあるようです。

しかしローゲージニットに限らず、ニットウェアとインナーウェアとの重ね着は暑すぎるのでございます。またサマー ニットTシャツは首・腕・胴の3箇所がリブ編みになっているので、体温が逃げにくい構造になっております。特に大きめ胸板の方は首周りが密着して熱が溜まることになります。


参考までに海外においては気候が異なるので一概には言えませんが、初夏に見られるアイテムであると思われます。特にニット類を得意とするイタリアン ブランドにおいては、イタリアの気候に合わせたニットTシャツなどもラインナップされております。

結局のところサマー ニットTシャツは昼間の気温が30度以下・夜の気温が20度前後・湿度が低いといった条件下であればお洒落に見えると思いますが、汗をかくような環境においては暑苦しく見えてしまいます。とは言っても重ね着などの方法を考えれば、気温が下がる秋口あたりには有効なアイテムであるかと思います。

【関連記事】

OLIVER GOLDSMITHの眼鏡を購入しました
ANDREA FENZIのサマー ニットTシャツ
PT ICON(ピーティーアイコン)のコットンパンツ

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

投稿総数:

2012年~2019年の投稿

もっと見る

このブログを検索

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *