40代はジャケット&白シャツの着こなしをマスターする

テーラード ジャケットとドレスシャツのコーディネート
Location: 東京ドーム
お洒落を気にかける皆様にとってテーラード ジャケットの着こなしは30歳を過ぎた頃から重要になってまいります。一般的にはスーツ スタイルの延長と捉えれば良いのですが、スーツのジャケットは着丈が長めなので単体としては流用ができません。したがってテーラード ジャケットを単体で購入する必要性がございます。

またテーラード ジャケットを使用したジャケット&パンツ スタイルは、リラックス スタイルとスーツ スタイルの中間に位置する汎用性が高いスタイルでもあります。このジャケット&パンツ スタイルができないと、外出時の服装のバリエーションが少なくなります。

言い換えると40代の皆様は、外出時にテーラード ジャケットさえ着用すればそれなりに見えるということであります。そしてテーラード ジャケットの色や形状にかかわらず、最初に重要となるのは装飾を排除したコットン100%の白無地のドレス シャツです(ボタンダウン シャツはエレガンテに見えないので普通の襟をおすすめいたします)。


白シャツにこだわる理由は汎用性の高さもありますが、カジュアル スタイルと聞くと柄物や色物のシャツを組み合わせる方もいらっしゃるからです。それらのシャツは単体では問題無くてもテーラード ジャケットと合わせると難しくなります。

またシャツをパンツの外に出すか否かで迷う方々もいらっしゃるかと思います。それは恐らくお腹の出っ張りを気にされたり若い頃からの慣習から由来するものと推察しますが、40代の皆様がテーラード ジャケットを着用する時にはシャツの裾をパンツに入れたほうが年相応に見えます。

シャツの前ボタンに関しても、スーツ スタイルの延長とは言え第1ボタンを留めるとシニア スタイルになるので外したほうが無難です。ヨーロッパでは第2ボタンまで外すスタイルを多く見かけますが、イヤらしさを強調したい場合には有効な方法であります。


このように無地の白シャツを着こなすことができれば、あとはどのようなテーラード ジャケットを組み合わせても問題ありません。そして初めて挑戦される場合、ご自身が想像されるようなスタイルに一発で決まることは少ないのである程度の試行錯誤は必要となります。

参考までにテーラード ジャケット&白シャツのスタイルは20代の皆様には若すぎてあまり似合って見えません。これはスーツ スタイルと同様で、仕方なく仕事で長期間着続けることによって得られた経験値が少ないことに起因するものと考えております。

【関連記事】

lafontのサングラスを購入しました
Boglioli(ボリオリ)のネイビー ダブル ジャケット
Fortelaのダークウオッシュ ジーンズ
Adrian(アドリアン)のアンクル ソックス

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

投稿総数:

2012年~2019年の投稿

もっと見る