テーラードジャケットとポロシャツのコーディネート

テーラードジャケットとポロシャツのコーディネート
Location: 京王プラザホテル
ポロシャツはビジネス ウエアとしては中途半端で、カジュアル ウェアとしても今ひとつエレガンテさ欠けるアイテムでございます。ちなみに夏季ににおいてはアメカジ向きの方々はTシャツが最も活躍する時期であり、イギリス・イタリア向きの方々は長袖を何とかしようと奮闘されるているかと思います。

ポロシャツは裾を出す出さないは別としても、単体での着用が推奨されます。また袖先の位置がかなり肩に近いので、腕の細さが強調される傾向にあります。したがって細身の方より肉付きが良い方のほうが似合うと思います。

それでもポロシャツは襟があるので、テーラードジャケットとの組み合わせはそれほど違和感はありません。しかし襟が柔らかく腕が直接ジャケットに触れるなどするので、シャツと組み合わせるよりは難しい印象です。


白のポロシャツであれば比較的楽にテーラードジャケットと合わせることが可能ですが、芯が入っていない襟の扱いに苦労いたします。私の場合はボタンダウン ポロシャツで襟がジャケットの襟から出ないようにしておりますが、ポロシャツの襟周りは気が付かないうちにヨレたり折れたりするので注意が必要です。

またポロシャツは袖が短いので、ジャケットの袖の裏地に直接肌が接します。そして湿度が高い場合は腕の汗が不快と感じることもあり、袖先に汗染みができる可能性もあります。そういったことを考慮すれば、袖ボタンを外してジャケットの袖をラフに捲くり上げる方法はアリかもしれません。


ポロシャツの胸ボタンを外して襟を最初からジャケットの外に出す方法が最も容易な着こなしであると思われます。しかしカジュアル寄りとなるために、ビジネス スタイルにおいては避けたほうが良いと思います。いずれの場合にせよ、ポロシャツと合わせるテーラードジャケットは薄めのシャツ ジャケットのようなタイプのほうが使いやすいかと存じます。

【関連記事】

EYEVAN7285のサングラスを購入しました
Fugàto(フガート)のシアサッカー ダブル スーツ
Orianの鹿の子半袖ポロシャツ
ヤコブ コーエンJ622のジャージ デニム(および取扱説明書翻訳文)
パラブーツのCASTEL(キャッスル)を個人輸入しました

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

投稿総数:

2012年~2019年の投稿

もっと見る

このブログを検索

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *