スタンドカラー リネンシャツをダラダラと着こなす


Location: 東中野駅周辺
スタンドカラーとはマンダリンカラーなどと呼ばれる襟のシャツは40代の皆様の必須アイテムでもありませんし、劇的にカッコ良くなるアイテムでもございません。特にリネン素材のスタンドカラー シャツはシワができやすく、白は透けやすいのでシワシワの変なガーゼのシャツを着たオジサンに見えてしまう可能性もあります。

それでも夏季はTシャツばかりでは飽きるので、リネンシャツでも着てみようかと年末にスタンドカラーのリネンシャツを購入したわけです。このリネンシャツは大きめのサイズであったために乾燥機で乾燥させましたがそれほどサイズは縮みませんでした。

白のリネン素材のシャツは透けるために国内ではインナーを着用したり、Tシャツの上から着用するスタイルを見かけることがあります。しかしそれでは白リネン素材を生かすことができず、清涼さも半減するので肌に直接着用することにしました。


現時点においては真夏の暑さでは無いので、日陰では肌寒い印象です。また40度近い真夏の昼間には袖部分の暑さが耐えられないと思います。とは言いましても海外リゾート地などでは上記のように活躍しそうであります。

このようなスタンドカラーの白シャツを着こなす場合、あまり綺麗にキッチリとまとめると謎の新興宗教団体の信者風に見えたり、癖のある人物に見られがちなので緩めに着こなしたほうが良いと思います。そして袖のあたりをユルユルに捲くると着慣れた印象になります。

リネンシャツにはリネンパンツを合わせるのがベストであると思いますが、デニムやチノパン以外の薄手の生地のパンツではあれば問題ないと思われます。また白のリネンシャツは透けるなどして使いにくいので、ネイビーやグリーンなどの濃い色からはじめるとよろしいかと存じます。

【関連記事】

アイヴォルは初心者にも適したサングラス
Coast Weber Ahausのリネン シャツ
La Martinaのホワイトパンツ
National Standardのホワイト スニーカー
イタリア人が好む夏のリネンシャツ

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

投稿総数:

2012年~2019年の投稿

もっと見る

このブログを検索

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *