スーツVゾーンのオシャレ演出はファッション業界向け

スーツのVゾーン
Vゾーンは気にする方にとっては重要な場所かもしれませんが、エレガンテに見せるにはシンプルにまとめたほうが良いと考えております。Vゾーンのコーディネートはシャツとネクタイを同等として考える方法ですが、基本的なスーツ スタイルにおけるシャツはシンプルで無地のデザインなので主役はネクタイとなります。

参考までにV-Shape(V字型)といった表現は英語でも見かけますが、Vゾーンは和製英語であると考えられます。英語でアルファベットを使った形の表現はを表すことが多く(T・O・V・Yなど)、ネクタイとシャツを含めたスーツの胸元一帯に該当する英語の一般表現は無い模様です。

ストライプ シャツ ネクタイ コーディネート
上記のような柄シャツと柄ネクタイの組み合わせはトラッド系のセレクトショップや雑誌などで年間を通して提案されておりますが、一向に流行する気配がありません。何故なら遊びの場面でスーツを使うならまだしも、一般企業でスーツを使う大多数の方々にとっては派手すぎるので流行するはずが無いのであります。

柄シャツと柄ネクタイの組み合わせは胸元のみを見れば華やかですが、全体的に見ると胸元がうるさい印象でございます。また他人に対して攻撃的や気難しいといった印象を与える場合もあるので、私はおすすめしておりません。ちなみにネクタイ好きな女性にもウケがあまりよろしくないと思われます。

結局のところVゾーンの過剰な演出は、そうでもしないとネクタイやシャツが売れないファッション業界における業界人限定スタイルと言っても良いかと思います。さらに海外においてもそのような組み合わせは適切なビジネス スタイルの範疇から外れる場合があるので、外資系にお勤めの方々などは注意が必要です。


一方でスーツ スタイルをカッコ良く見せるためには、Vゾーンなどの一部では無く髪型も含めたスタイル全体で考える必要があります。個人的には最小限の色数と柄を使ったスーツ スタイルでカッコ良く見せることができればベストであると思っております。

【関連記事】

ビジネス アタイア(アタイヤ)で指定された服装とは

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

投稿総数:

2012年~2019年の投稿

もっと見る

このブログを検索

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *