イタリアかぶれにボタンダウン シャツは似合わない


Location: 日比谷公園
ボタンダウン シャツはアメリカを中心とした英語圏でよく見られるアイテムでございます。近年は国内でもノーネクタイの影響などでビジネス スタイルとして定着しつつあります。また本来はカジュアル スタイルのアイテムであるためにビジネス シーンにおける着用が議論されることもあります。

議論に関してはフォーマルな場所でなければビジネス シーンでも問題無いと考えております。特に西洋人と接触する機会が無い職場では、西洋ルールを議論すること自体が無意味でございます。逆に西洋人が多い職場などではカジュアル アイテムであることを意識して着用されることをおすすめします。


ボタンダウン シャツはアメリカ由来であるために多くの場合胸ポケットが付いております。この胸ポケットも時折議論となりますが、ヨーロッパ スタイルの場合はポケット無しのシャツが基本的なスタイルとなっております。そしてイタリア製のドレス シャツでも胸ポケットが無いものが主流であります。

したがってイタリアン スタイルのファッションでは必然的に胸ポケット無しのシャツの組み合わせが多くなり、結果としてボタンダウン シャツを使うことも少なくなります。またイタリアのスーツ スタイルにおいてもボタンダウン シャツを使うことが非常に少ないので出番がありません。


結局のところイタリア製のジャケットやスーツにボタンダウン シャツを合わせる場合、それはイタリア人にとっての外国製の外しアイテムと言えると思います。日本ではシャツの位置づけが西洋に比べて高く、シャツを主張するコーディネートを多く見かけますが、イタリアかぶれの皆様におかれましては控えめの主張にしたほうがカッコ良く決まるかと存じます。

【関連記事】

Magyars(マージャーズ)のダブルブレスト ジャケット
Vintage55のボタンダウン長袖シャツ
Fortelaのダークウオッシュ ジーンズ

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

投稿総数:

2012年~2019年の投稿

もっと見る