「ネットワーク資格情報の入力」にMicrosoftアカウントのIDを入力する

Windows10からWindows7のドライブにアクセスする際、Windows10側で「ネットワーク資格情報の入力」を求められたときの私の解決策を記します。はじまりは1台のPCをWindows10に買い替えたところ、今まで有線ルーターを介して接続していたWidnows7のPCに接続できなくなったことでした。

Windows10側のエクスプローラから、Windows7の共有設定をしたHDDにアクセスを試みると「ネットワーク資格情報の入力」を求められました。またWindows7側ではログインIDもパスワードも設定していませんでした。そして最終的にこのメッセージ ダイアログを回避するのは難しいと判断し、IDとパスワードを探して入力することにしました。

Windows7側はOSを含めてIDとパスワードは設定していませんでしたが、MicrosoftアカウントのIDとパスワードで解決できるとの情報を見つけました。しかしそのようなアカウントは作った覚えがなかったのですが、数ヶ月前にBingでアカウントを作っていたことを思い出しました(あるいはMicrosoftの製品購入時に作られた方もいらっしゃるかもしれません)。

そしてそのBingのログインID(私の場合はメール アドレス)とパスワードを、「ネットワーク資格情報の入力」のユーザー名とパスワードに入力することによってWindows7に接続可能となりました。もしこれが接続できない原因であれば、煩雑なネットワークの設定を変更する必要はありません。

参考までにMicrosoftアカウントのログインIDはBingと共用しているようで、Bingでアカウントを作ったときに自動的にMicrosoftアカウントが作成されたと思われます。そしてそのIDはブラウザで以下にアクセスすれば確認することができると思います。
https://login.live.com/ppsecure/post.srf

以前にMicrosoftアカウント(Bingを含む)にサイン インしていれば、サイン インIDがすでに入力されていると思います。そしてこのIDが「ネットワーク資格情報の入力」のユーザー名となります。またブラウザにIDとパスワードを覚え込ませてあれば、ブラウザの設定画面からパスワードを表示させることも可能であると思います。

逆にMicrosoftアカウントを作成していないにもかかわらず「ネットワーク資格情報の入力」が表示される場合、上記の画面から新規にアカウントを作成してそのIDとパスワードを「ネットワーク資格情報の入力」に入力すれば接続できるかもしれません。

結局これはユーザーのことを考慮していないMicrosoftの説明文(または翻訳)の品質が悪いことが原因であり、「接続先PCのログインID(またはMicrosoftアカウントID)を入力」などとすれば、多くのユーザーの混乱を回避することができたかと思います。

【参考】
Microsoft アカウントにサインインする方法

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

投稿総数:

2012年~2019年の投稿

もっと見る