40代に相応しいネクタイの選びかた

エンジ色ネクタイのコーディネート
Location: 赤坂プリンスクラシックハウス
スーツ姿がカッコ良い方々はネクタイ選びも真剣でございます。多くの方々はスーツを着用する際に最後にネクタイを選びますが、それらの方々はネクタイを選ぶことから始めることもあります。したがって多くのスーツやシャツに似合う汎用性の高い柄や生地のネクタイを中心に揃えています。

珍しい柄のネクタイは人目を引きますが、ネクタイの主張が強すぎる結果となります。ブランド優先で選ぶと常に変わり映えしないスタイルになりがちです。さらに高価であっても、ネクタイの結び方によっては長さや厚さがご自分のスタイルと合わない場合もあります。

カッコ良い方々は以上のようなことを考慮しながら必ずご自分ネクタイを選ぶので、詳細に好みを理解していない限りネクタイをプレゼントしないほうが無難です。そして40代の皆様のネクタイ選びは、奥様などの他人まかせにしないことが重要です。参考までに女性は柄と顔を合わせてネクタイを選ぶ傾向があるので、スーツと合わないことがあります。


・基本の無地3色

ネイビー・ボルドー(エンジ色)・ブラウンの3色はスーツに合わせやすく、多くの百貨店や多くのセレクトショップに置いてあります。特にネイビーとボルドーは世界標準の色なので、揃えておいたほうが良いと思います。


・生産国

見知らぬブランドのネクタイであってもネクタイ売り場の店員さんに生産国を尋ね、イタリア・フランス・イギリスの3カ国であればハズレが少ないと思います。


・幅と長さ

幅は8~9cmが適切で太めのほうが堂々とした印象になります。長さは結び方にもよりますが、パンツのベルトにギリギリ接触するのが一般的です。ブランドによって長さが異なるので、真剣に選ぶ場合は長さの確認が必要です。また手縫いなどの高価なネクタイは、着用の回数が増えると全長が2cm程度伸びることがあります。


・価格帯

概ね15,000円以上であれば値段相応の外観となります。ちなみにエルメスは高価であってもカジュアル ブランドなので、固めのお仕事向けのネクタイではありません。


・チェック柄は難しい

若者さんたちによく見かけるこの柄はエレガントに見せることが困難で、しかも外見や素材が安価に見えてしまいます。


基本的な柄や素材のネクタイは定番と呼ばれるものが多いので、セールにはならない傾向があります。したがってまずは定価で購入することをオススメいたします。

【関連記事】

SPEKTRE(スペクトレ)のサングラスを購入しました
ERNESTOのダブルブレスト ジャケット
Fortelaのコットン ネイビー パンツ

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

投稿総数:

2012年~2019年の投稿

もっと見る