朱色のファッション アイテムの使い方

オレンジジャケットのコーディネート
Location: 六本木ヒルズ
朱色はオレンジより赤に近い色ですが、ほぼオレンジと言った感じです。この色のファッション アイテムは差し色としては使えるのですが、面積が大きくなるとコーディネートが難しくなります。したがって朱色のアウター類などは売れ残ることが多く、セール価格に釣られてうっかり購入するとクローゼットの奥深くに眠る可能性があります。

朱色のアウター類と組み合わせる色は、現時点においては黒や白またはネイビーなどの青系が良いかと思います。しかしベストといった感じでは無く、かと言って色や柄を増やすと舞台衣装と化してしまいます。そういった意味においては、マジシャンなどの舞台で活躍する方々には似合うかもしれません。いずれにしろ朱色のファッション アイテムの購入には注意が必要です。

・アウター類


朱色のコートはガッツ以外の何物でもありません。コートに負けないチョークストライプのスーツが良い感じです。また同色ネクタイがバランスを取っています。女性の場合の朱色コートは男性より難易度が下がると思います。

・ニット類


40代以上の方が下手にインナーに赤を使うと還暦仕様となる危険性があります。そういった場合に朱色は有効であると思います。素材によっても異なりますが、赤ほどの派手さも無いので使いやすいかもしれません。

・ポロシャツ


ポロシャツ単体で見るとカッコ良いのですが、合わせるパンツを考える必要があります。またボックス型のシルエットのポロシャツは避けたほうが無難です。森林の緑には映えるので、夏季のゴルフなどに合うと思います。

・シャツ


朱色のシャツは単体でも十分カッコ良く見せることが可能です。テーラードジャケットと合わせるのは上級テクニックと言えますが、ベージュなどの薄めの色であれば上手にまとまる印象です。

・腕時計


カジュアル スタイル限定ですが、朱色のダイヤルとベルトの組み合わせはかなりインパクトがあります。ただし目立つので、腕時計からコーディネートの組み立てができる方のほうが良いかもしれません。

・スニーカー


デニムと朱色のスニーカーは相性が良さそうです。細身のデニムであれば若く見せることも可能であると思います。

関連記事

BOGLIOLI(ボリオリ)のDOVER
Tom Fordのサングラス(LOUIS)を購入しました
Hydrogenの長袖Tシャツ
Parabootの革靴を個人輸入しました

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

投稿総数:

2012年~2019年の投稿

もっと見る