チェック柄アイテムは苦労の割に報われない

ギンガムチェックのシャツ
Location: 虎ノ門ヒルズ
私はチェック柄シャツは若者さん専用と考えております。そしてシャツに限らずこの柄はコーディネートの主役にするしか方法がありません。下手にネクタイと合わせると胸周りがうるさいコーディネートになります。また色を多用したチェック柄は高級感に欠ける見た目となります。

一言にチェック柄と言っても種類があり、上記はギンガムチェック柄のシャツでございます。細かいチェック柄であれば、組み合わせを考えれば何とかなると思ったのですが未だに何とかできないのであります。結局のところ、そこまで苦労してチェック柄シャツと戦う必要は無いとの結論に至っております。

ちなみに下記は欧米ではよく見かける2つのチェック柄でございます。一般的にチェック柄のコーディネートは、残りのアイテムをシンプルな無地にすると上手に決まると思います。逆に、白Tシャツ+前ボタンを開けた薄暗い色の長袖チェック柄シャツ+緩めのチノパンツなどのコーディネートは避けたほうが無難です。

・ブラックウォッチ柄(ドレス スタイルでも可)


英国由来の青+緑のブラックチェックは伊勢丹の柄としてのほうが国内では有名かもしれません。パンツに関しては女性のほうがよく似合う印象です。ジャケットはあまり見かけませんが、コートなどのアウター類では時折見かける柄です。いずれにしろ記憶に残る柄なので、ヘビーローテーションには向きません。

・バッファローチェック柄(カジュアル スタイル推奨)


北米でクリスマス時期にも見かける黒+赤のバッファローチェックは、狩猟用としても使われております。狩猟では仲間からの誤射を防ぐために、自然界で良く目立つオレンジ色のウェアを着用することが推奨されております。しかしそれらの上着は脱ぐとオレンジ色が見えなくなるので、同様に良く目立つバッファロー チェック柄の厚手の長袖シャツを着用する方もいらっしゃるようです。

関連記事

Tom Fordのサングラス(LOUIS)を購入しました

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

投稿総数:

アクセスが多い投稿

Gianluca Vacchi氏は何者なのか?

イタリア人と日本人の足型の比較

Parabootの革靴(CLAUDEL)を個人輸入しました

Santoniの革靴を個人輸入しました

テーラード ジャケットの袖ボタンの付け方

ベルルッティ結びの結び方(図解)

2012年~2019年の投稿

もっと見る

このブログを検索

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *