サックスブルー シャツとネイビー ジャケットの組み合わせ

ブルージャケットのコーディネート
Location: 千鳥が淵緑道
ブルージャケットとブルーシャツの組み合わせは日本で見かけることは少ない印象です。日本の場合は英語圏の影響もあるのか、オシャレなコーディネートと言うと柄物に走りがちであります。ウィンドウペン柄のジャケットやストライプ柄のシャツ、さらには柄物同士の組み合わせなども雑誌等で推奨されております。

テーラード ジャケットや長袖シャツで重要なのはシルエット・素材・色の3点であり、柄はオマケ程度でございます。格子柄のシャツやウィンドウペン柄のジャケットなどは、組み合わせづらいアイテムであります。柄物を多用するとゴチャゴチャした印象になるので、スーツ スタイルやジャケット パンツ スタイルの場合は柄物を1点に絞ることをオススメいたします。

さてサックスブルーは薄青と言っても差し支えないのですが、この色のシャツとネイビーまたは濃い青のジャケットを組み合わせると玄人っぽいコーディネートになります。ジャケットとシャツを同系色にして濃淡を変える方法はブラックとグレーなども使えますが、ブルー系の組み合わせが最も使いやすいと思います。

上記のように白いパンツと組み合わせは奥様みたいな方との昼食やデート、あるいは決死の覚悟の婚活パーティーなどに適していると思います。またジャケットはある程度厚さのある生地のほうがバランスが良い感じです。靴はビジネス シューズを流用した黒革靴で大丈夫です。


薄茶色のパンツもかなり相性が良い組み合わせです。こちらのほうが真面目そうに見えるので、ビジネス スタイルでもある程度対応可能です。いずれの場合もオーバーサイズは厳禁なので、キッチリとサイズを合わせて華やかな場所などにお出かけしていただきたいと存じます。

関連記事

Tom Fordのサングラス(LOUIS)を購入しました
Doppiaa(ドッピアア)のデニムスーツ
Fortelaのアイボリー ダメージド ジーンズ

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

投稿総数:

2012年~2019年の投稿

もっと見る