40代メンズがレザージャケットを着こなすためのガイド

革ジャンのコーディネート
Location: 丸の内ブリックスクエア
40歳を超えますと油も脂肪も乗ってまいります。若い頃は似合わなかった革ジャンが似合い始める年代でもあります。中でも黒のダブルブレストのライダースジャケットを目指したい方々も多いとは思います。しかしレザー ジャケット デビューをする場合は上記のようなレザーブルゾンが使いやすいと思います。

最近の革ジャンはアメリカ製だけでは無く、イギリス製やイタリア製も多くなっています。日本のセレクトショップの革ジャンも品質やデザインも海外ブランドに劣りません。しかし着用した高揚感を得るためには価格が高めな海外ブランドのほうに軍配が上がると思います。

・皮革は風は通さないが熱を通しやすい

皮革は外気温や体温に応じて温度も変化します。例えばバイク乗りの方々が革ジャンを着ているから防寒性があると思うのは大間違いでございます。彼らはスタイルのために寒さを我慢しているのであります。特に革の1枚仕立てのライダースジャケットは、夏は暑くて冬は寒いプレハブ小屋のようなものです。したがって外気温が10℃を下回るような場合、中綿が入ったタイプのほうが着やすいと思います。

・スタンド カラーのライダースジャケットは難しい

ライダースジャケット
上記は私が以前所有していたトイズマッコイのライダースジャケットでございます。このタイプは胸囲と胴囲が同じな上にタイトなデザインなので、シルエットが絞ってあるイタリアのジャケットを着こなす方には胸周りがかなり窮屈です。そしてバイカーっぽい雰囲気が強いので、街ナカにはあまりそぐわない印象です。

・理想と現実は異なる


雑誌などを参考にして上記のような黒のダブルブレストのライダースジャケットを購入したものの、着用してみたら単なる黒光りする太ったオッサンになったということもあり得ます。最低でもテーラード ジャケット+パンツ+革靴のスタイリングができないと、革ジャンをカッコ良く着こなすことは難しいと思います。ちなみにダブルブレストはウェスト ベルトが無いほうが無骨さが低減されます。

・馬革/牛革/羊革

馬革は固くて馴染むのに年月を必要としますが、もっとも革ジャンらしい外観になります。牛革は馴染むのも早く馬革よりお手頃な価格です。羊革は柔らかく馴染ませる必要が無く、ワイルドな雰囲気が軽減されます。

・ブルーデニム以外のパンツと合わせる


ブルーデニムと合わせるのは定番の着こなしですが、ホワイト デニムやテーラードパンツと合わせても良いと思います。特にブルゾン タイプは色も多く汎用性も高いので、様々なパンツやシャツや靴と合わせることが可能です。そしてシャツ+ネクタイと合わせることができれば上級者に変身でございます。

革ジャンの着こなしで重要なことは着続けることです。最初はあまり似合わなかった革ジャンも、経年変化やスタイリング方法の変化によって似合うようになるかもしれません。特に皮革素材はシワや擦れなどによって良い感じに変化するので、手垢などで汚れたり傷が付いたとしても問題無いと思います。

【関連記事】

BYWPの眼鏡を購入しました
Giannetto(ジャンネット)の長袖シャツ
Tagliatore(タリアトーレ)のジレ
TOYS McCOY BECK 666のライダースジャケットの思い出
Tomorrow Landのレザー ジャケット(DENIM)
想像を超えるFortela(フォルテーラ)のパンツ

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

投稿総数:

2012年~2019年の投稿

もっと見る