10万円以上のスーツと合わせる高級ネクタイ

マリネッラ 東京ミッドタウン
先週末に東京ミッドタウンのE.Marinella(マリネッラ@emarinellajapan)においてネクタイをオーダーしてまいりました。今回は最もベーシックで合わせやすいマリネッラ柄とも言われる小紋柄をお願いいたしました。またこのオーダー イベントで選んだ生地はサンプルでは無く、イタリアから持ち込んだその生地を再びイタリアに持ち帰って仕上げるとのことです。

近年はクールビズやカジュアル スタイルが広まってきたこともあってネクタイの必要性が下がっております。しかしながらスーツ スタイルをカッコ良く見せるためにはネクタイは必要でございます。ちなみにネクタイを締めてもイケていない見た目の場合、ネクタイを外すと輪をかけて悪化いたします。

一般的にネクタイの価格はスーツの価格と比例します。例えば4~8万円の価格帯のスーツには1~2万円程度のネクタイが適切であると思います。また新卒の方々であれば数千円のネクタイで十分であります。しかし10万円を超えるスーツの場合はある程度のグレードのネクタイが相応であると考えます。

世界的には上記のイタリアのマリネッラとともに下記のフランスのCharvet(シャルベ)が高級ネクタイとして名声があります。どちらのネクタイも柄や素材に特徴があり、ブランドを見分けることが容易であることも名声の一因となっております。そして両ブランドとも中心価格帯は3万円前後であります。



マリネッラに関してはベーシックな柄が多いので、購入の際にそれほど悩む必要はありません。しかしシャルベは上記のように独特の光沢があるタイプも存在するので、ある程度慎重に選ぶ必要があります。またマリネッラのセール品はほとんど存在しませんが、セール品のシャルベは難しい柄や素材が残ったものなので避けたほうが無難です。

この2つのブランドに限らず、高級ネクタイはノットも考える必要性があります。少なくともセミウィンザーノットとシンプルノットは素材の厚さや長さによって使い分け、可能な限りエレガントな見た目なノットを作ると柄や素材が引き立ちます。参考までにディンプル(くぼみ)は、一度でもネクタイを緩めると崩れやすくなります。

なお高級ネクタイは基本的にシンプルな無地のシャツを合わせます。ストライプなどの柄シャツを合わせると、ネクタイの存在感が失われるからです。そしてスーツも10万円以上であれば生地に高級感があるので、無理をして柄物を選択する必要もありません。

40代ともなりますと、こういった高級ネクタイが1本あるとテンションが上がります。さらに高級ネクタイを持つとネクタイからコーディネートを組み立てる方法も身につくので、何かの機会に購入してもよろしいかと存じます。

【関連記事】

マリネッラのオーダー ネクタイが出来上がりました

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

  1. 私はネクタイのみを中級~高級嗜好とする、ネクタイコレクターです。
    Araki様を初めとするスタイリストからすると、邪道もいい所ですが、気に入ったネクタイを購入する度に、テンション上がりっ放しでございます。

    返信削除
    返信
    1. ネクタイの収集は良いご趣味だと思います。テーラードジャケットのように場所も取りませんし、腕時計のようにお金もかかりません。年月が経てばビンテージ ネクタイとなって、またそのときに楽しむことができると思います。

      削除
  2. コメントありがとうございます。
    たまに昔買ったネクタイを見返すことがあるのですが、懐かしく感じたり、何でこんなネクタイ買ったのだろうと後悔したりしています。
    ビンテージネクタイになることを期待して、待つことにします。

    返信削除

コメントを投稿

投稿総数:

2012年~2019年の投稿

もっと見る