指のささくれに使う爪切りキーホルダー

爪切りキーホルダー

加齢や指の皮膚の乾燥によるものかもしれませんが、ここ数年指のささくれが目立ってまいりました。特にジムで指先を使ってスニーカーを履くと、高確率でささくれが発生いたします。あるいは倒立などの動作によって指先に高負荷がかかっていることも原因かもしれません。そして残念ながらジムには危険防止のために刃物類は置いてないので、自分で爪切りなどを持ち込む必要があります。

ジムに限らず外出先でもささくれが起こるので、長年小型のアーミーナイフをキーリングに取り付けていました。そのアーミーナイフの小型ハサミをささくれに使っていたのですが、老眼の影響で見えづらくなってきました。さらに時折訪れる政府関係建物のセキュリティが厳しくなり、小型であってもアーミーナイフが持ち込めなくなりました。

元々アーミーナイフはハサミの機能しか使っておらず、また家の中では爪切りでささくれを切っていたので爪切り型のキーホルダーを購入してみました。そしてこれはセキュリティーも通過できます。ちなみにこれは2代目で、初代はカバーの皮革部分が意外と短期間でボロボロになって見栄えが悪くなりました。

爪切りキーホルダーは安価で多く出回っておりますが、爪を切る目的としては力が弱くて小さいので使いづらいと思います。したがってささくれを切るとか、衣服の飛び出た糸を切るとか、購入した商品のタグをその場で切るなどの用途で使用するとよろしいかと存じます。



ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

投稿総数:

アクセスが多い投稿

Gianluca Vacchi氏は何者なのか?

イタリア人と日本人の足型の比較

Parabootの革靴(CLAUDEL)を個人輸入しました

Santoniの革靴を個人輸入しました

テーラード ジャケットの袖ボタンの付け方

ベルルッティ結びの結び方(図解)

2012年~2019年の投稿

もっと見る

このブログを検索

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *