ブランド コピー品は人物の価値を下げる自滅アイテム

高級ブランド
近年はブランドの偽物が大量に出回っております。その多くは怪しげな通販サイトやオークションを通じて流通しています。騙されて偽物を購入するのはまだしも、偽物を承知で購入するのはいただけません。巷では法令に違反するからダメといった意見が多いのですが、それより他に問題があると思うので記してみます。

そもそも偽ブランド品ですら似合っていない

偽物を身につける方々は高級ブランド品を身に着けているにもかかわらず、そういった雰囲気がまったく感じられません。髪の毛がボサボサであったり、靴が汚れていたり、ブランドの知識も無かったりします。

テンションが上がらない

偽物を身に着けてテンションが上がる方は皆無と思われます。単なる見栄の結果として偽物を身に着けても、本物を身に着けた高揚感はまったく得られません。

堂々と身に着けられない

常に後ろめたさがつきまといます。特にパーティー シーンなど、本物を身に着けている方々が多い場所では身につけることができません。

信用性が失われる

偽物とバレたり自ら明かしたりした場合、褒められたり尊敬されることはありません。ビジネス上の関係においては、偽物を身に着けている人は信用されません。

ひとつだけは有り得ない

例えば腕時計だけ偽物というのは考えにくく、他のアイテムも偽物として見られます。そして最終的には人間性そのものが偽物と判断されてしまいます。

オリジナルの壁を超えられない

壊れやすかったり傷つきやすかったりと品質に問題があるので、長期間は身につけられません。「やはり本物のほうが良かった」と短期間で飽きる結果となります。


結局のところ偽物ブランド品はバレたときのダメージが大きく、表面上は「偽物とはまったくわかりませんね」などと言われても、実際は「見栄っ張りでケチくさい人間」と思われても仕方がないことを考慮する必要があります。

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

投稿総数:

2012年~2019年の投稿

もっと見る