40代メンズのイケていないデニムのスタイルとは

ゆるいデニムのコーディネート
Location: MEGA WEB - HISTORY GARAGE
テーラードジャケットとデニムの組み合わせは、初歩的な40代のカジュアル スタイルでございます。最初にテーラードジャケットを単体で購入した方々が、とりあえず試してみる組み合わせであります。そしてサイズさえ合わせておけば通常は失敗が少ないのですが、選択するデニムによっては見栄えがよろしくない結果になります。

上記のスタイルの場合はデニムの丈も長めなのですが、劣化したデニムに問題があります(参考までに上記のデニムはPT05です)。このデニムはポリウレタンを2%含むコットン素材を使用したストレッチ デニムであり、経年とともに素材が伸びたまま戻らなくなる性質があります。特に膝部分は直立した際のシワから、膝が抜けているのが見て取れます。

このデニムは比較的ヘビーローテーションで使用しており、座ることも多かった関係で劣化が早まったと思われます。太もも部分も最初はジャスト フィットであったものの、膝部分の伸びに合わせてシワがよっております。そして当然ながらお尻部分にも、たるんだシワがあります。

この状態のデニムであってもイギリスやアメリカのカジュアル スタイルであれば許容範囲ですが、足を綺麗に見せるという観点においてはNGでございます。特に膝が抜けたシワはいただけません。デニムの寿命と言っても差し支えないと思います。

デニムはコットン100%であっても、着座姿勢によって膝の部分は伸びることがあります。しかしデニムに限らず化学繊維を含むストレッチ素材のパンツは、それが顕著になる傾向があります。そして全体的にも伸びてしまうので、パンツのシルエットが崩れる結果となります。

デニムパンツのコーディネートは、本来のシルエットが崩れたデニムでは綺麗に見せることができません。デニムを畳んだ際に膝部分が出っ張っていたり、綺麗に畳めないような場合は買い替えを検討されたほうがよろしいかと存じます。

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

投稿総数:

2012年~2019年の投稿

もっと見る