40代メンズ カーディガンの着こなし

メンズ カーディガンのコーディネート
Location: 六本木ヒルズ
40代がカーディガンを着こなす場合、若者さんたちに見られる長め&緩め&前ボタン開けのブルゾン風のスタイルでは目的不明な休日ファッションとなる可能性があります。目安としてはカーディガンの上にテーラードジャケットを着用することを想像すると、簡単にコーディネートできると思います。そういったわけで注意点を以下に記してみました。

  • サイズ

前ボタンをすべて閉じた時にシワが寄らない&胴部分にたるみが無い。

  • 素材

高級感=カシミア>ウール>化学繊維。重量感があるものは縦に伸びる可能性がある。

柄物より薄めの単色のほうが使いやすい。

  • 着丈

袖丈より短く、パンツの股上の半分ほど。

  • 袖丈

着丈優先なので長くてもOK。長袖シャツのチラ見せ&カーディガンごと腕まくりもアリ。

  • 前ボタン

すべて閉じる。ただし一番下を開けると下部のダブつきが軽減される。


カーディガンはオフィススタイルでも使用可能であり、テーラードジャケットやスーツと一緒にに着用したり、コート単体と組み合わせる方法も考えられます。例えばアームホールが大きく開くなどしたサイズが合わないニット ジレより、サイズが合ったカーディガン+腕まくりのほうがスッキリ見える場合もあります。

また、ざっくりと編まれたローゲージニット製のカーディガンの防風性は無いに等しいので屋外の単体着用は寒いかもしれません。防寒という観点では、カーディガンは屋内用と考えたほうがよろしいかと存じます。

【関連記事】

Oliver Goldsmith CONSUL 1959を購入しました
SettefiliCashmere(セッテフィーリ カシミア)のカーディガン
想像を超えるFortela(フォルテーラ)のパンツ

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

投稿総数:

2012年~2019年の投稿

もっと見る