40代メンズ腕時計は40mm以下をおすすめします

Rolex 腕時計
世界的に大型の腕時計が流行させられているようですが、スタイリッシュなオジサマが着用されている姿はあまり見かけません。はっきり申し上げて、テーラード ジャケット スタイルに大型腕時計は重くて邪魔でございます。さらに電車内などの人混みでは、時計が他人の服やバッグに引っかかることもあります。個人的には大型腕時計は腕を露出したカジュアル スタイル限定と考えております。

ちなみにパーティーなどでお見かけしたスタイリッシュなヨーロッパの方々が付けている腕時計は、アンティークを含めて36~40mmの大きさでした。とは言ってもカジュアル スタイルは大型の腕時計をしているのかもしれません。いずれにしろ、ジャケット・スーツ スタイルでは目立つ大型腕時計は着用されていませんでした(上記のロレックスは左のオイスタパーペチュアルが38mm・右のEX2の16570が40mm)。

近年の大型のギラギラした腕時計は遊んでいる印象を演出することは可能ですが、仕事を含めた普段使いには不向きであると思います。そういった理由から40歳代の腕時計は落ち着いて邪魔にならない40mm以下をオススメするわけでございます。参考までに下記はスタイリッシュなオジサマが着用する、世界的に有名な2大腕時計であります。

@wisewatchがシェアした投稿 -

PATEK PHILIPPE(パテック・フィリップ@patekphilippe)のノーチラスは定番の超人気モデルで、特に5711/1Aは品薄のために海外でも店頭で見かけることはまずありません。高田純次氏やアレッサンドロ スクアルツィ@alessandrosquarzi氏なども所有されております。300万円を超えるこのモデルは店頭に在庫が無いのはわかっているので、パテック・フィリップのお店に「ノーチラスの5711ありますか?」と堂々と入ることができます。

@wisewatchがシェアした投稿 -

AUDEMAS PIGUET(オーデマ・ピゲ@audemarspiguet)のロイヤルオークは、ノーチラスと同じくジェラルド・ジェンタ氏によるデザインであります。これも最もシンプルな3針のステンレス モデルが人気とのことです。ロイヤルオークは経歴が長い芸能関係の方に人気のようで、ゆかりのお品として2回ほど見せていただいたことがあります。価格は200万円~といったところです。

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

投稿総数:

2012年~2019年の投稿

もっと見る