ポロシャツは着こなしが難しいアイテムでございます

ポロシャツ コーディネート
Location: 六本木ヒルズ
機会を見つけてカッコ良いポロシャツを探している私ですが、結局のところポロシャツはスポーツ ウエアの位置づけであると確信するに至りました。ポロ競技発祥のポロシャツは、現在ではゴルフや国内においてはビジネスなどにも利用が広まっております。しかしながら夏季のカジュアル ウエアとしては、Tシャツのほうが汎用性が高くコーディネートも容易である印象です。

まず襟が問題であります。台襟が高いポロシャツであっても襟を綺麗に見せることが困難です。平置きで保管すると襟に折り線が付き、ハンガーに吊るすと同じく襟の形状が崩れた上に全体が伸びることがあります。そして仕方なく襟を立てるとゴルフ趣味のスタイルとなってしまいます。

次にデザインですがシンプル過ぎると地味で目立たず、派手にするとプロボウラー風味になる可能性があります。着丈も中途半端なものが多く、素材によっては洗濯の度に伸びることもあります。かと言ってパンツにインすると、ボックス型のデザインはウエスト部分が余ってシニア スタイルが完成してしまいます。

体型も上半身がアスリート体型の方には似合いますが、細い体型の場合は細さが強調される傾向にあります。特に上腕が細いと袖が余り、見栄えがよろしくありません。細い方の場合はポロシャツより半袖シャツのほうが立体感があるのでオススメです。

Scott Schumanさん(@thesartorialist)がシェアした投稿 -

上記のように裾をパンツにインするスタイルであれば、ウエスト部分に余りが出ないようなシルエットが適切であると思います。これも腕の部分が重要で、なるべく隙間ができないデザインにするか、腕が太めのほうがカッコ良く決まります。また地味な色合いであればクールビズにも対応可能かと存じます。

参考までにトップの写真は試行錯誤の末にたどり着いたコーディネートでございます。ポロシャツの白線と白いパンツを合わせることにより、上下の統一感を出してみました。ちなみにイタリアを含む海外のメンズファッション スナップを見る限り、夏季であってもポロシャツ姿を見かけることはほとんどありません。

【関連記事】

Tom Fordのサングラス(LOUIS)を購入しました
オット (8)のニット ポロシャツを購入しました
PT05(ピーティーゼロチンクエ)のスリム パンツ
ポロシャツの裾はインでもアウトでもOK

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

投稿総数:

2012年~2019年の投稿

もっと見る