ユニクロ1500円ネクタイの価格破壊

ユニクロ ネクタイ
UNIQLO(ユニクロ@uniqlo)製のネクタイが良いとの評判を伺いまして、購入してまいりました。元来このネクタイはオンライン限定であったものが、最近実店舗で店舗で販売されるようになったとのことです。そしてこのネイビーの単色ネクタイに限って言えば、1万円台前半のヨーロッパ製ネクタイ専業ブランドと同等の外観であるとの結論に至りました(2019年現在、取り扱いは終了している模様です)

単色ネイビーのネクタイは、就職活動から不祥事の謝罪に至るまで汎用性が最も高い色であります。ただし同ブランドのネイビーは暗めの色であるため、暗い場所では黒く見えると思います。購入した店舗ではブルーの取り扱いが無かったのですが、ブルーのほうが一般的なネイビーに近いかもしれません。

ヨーロッパ製のネクタイの全長が148cm以上であることが多い中、このネクタイは145cmと短い部類に属すると思います。一般的にネクタイは大剣と小剣の長さが同等になるように締めるため、日本人であっても145cmはウィンザーノットで結ぶと短かすぎる印象です。この長さは大量生産のコストダウン、および購入対象者をシンプルノット結びが多い若年層向けに絞った結果かもしれません。


このネクタイの重量は50gで、上記の写真の上Angelo Fusco(4万円台・セッテピエゲ・61g)、左Barba(2万円前後・セッテピエゲ・57g)、右Etro(2万円台・ノーマル・57g)と比較すると軽くなっています。しかし全長が短いことを考慮すると、単純に素材の量が少ないとは言えないと思います。

大剣の幅の8cmは最も平均的なもので、多くのネクタイがこのサイズです。参考までに6~7cmの細いネクタイは高級感に乏しく、9cm以上は現代ではあまり見かけません。また結び目部分の厚さは3.6mmであり、Barbaの3.0mm、Angelo Fuscoの2mmと比較すると厚手となっています。したがってシンプルノットで結んでもノットが小さくなり過ぎることはありません。


このネクタイの巻いた感触の違いは縫製に「遊び」が少ないことです。そしてプレスが効いているので立体感に乏しい感じがします。とは言っても外見からは判別不可能で、10万円のスーツと組み合わせても違和感はありません。しかし10万円のスーツを着用してユニクロのネクタイと公言するのもはばかられるので、やはり若者さん向けかと存じます(ちなみにブランドタグは付いていません)。

巻き方に関しては身長170cm前後の方であればセミウィンザーノットまたはダブルノット、180cm以上の方であればシンプルノットをオススメいたします。

【関連記事】

初デートでユニクロは避けたほうが良いかと思います

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

投稿総数:

アクセスが多い投稿

Gianluca Vacchi氏は何者なのか?

イタリア人と日本人の足型の比較

Parabootの革靴(CLAUDEL)を個人輸入しました

Santoniの革靴を個人輸入しました

テーラード ジャケットの袖ボタンの付け方

ベルルッティ結びの結び方(図解)

2012年~2019年の投稿

もっと見る

このブログを検索

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *