スーツを適正サイズで着こなすためのガイド(図解)

ボリオリのスーツ
Location: 井の頭恩賜公園
スーツのサイズは購入前はもちろんですが、購入後も体型の変化を考慮して適正サイズに保つ必要がございます。購入時には可能な限りサイズをしっかりと合わせ、例えセール品であったとしてもサイズが合わないスーツは購入を見送ることが望ましいと思います。

多くの国産品のスーツのジャケットは、日本人の体型に合わせてあるので調整が不必要な場合もありますが、イタリア製を含む多くの海外ブランドはジャケットの調整を必要とすることが多い印象です。特にイタリアのブランドのスーツは袖丈が長いので、腕の短い日本人は袖を詰めることが多くなります。



またジャケットの背中には余計なシワが無いことが条件となります。襟の直下にできる月皺(つきじわ)と呼ばれる水平方向のシワは、サイズが合っていない場合に発生します。購入時に調整も可能ではありますが、費用が発生することもあるので後ろ姿もチェックしたほうが良いと思います。

ショルダー パッド周辺は経年と共に凸凹のシワが発生しやすい箇所です。それは体型の変化あるいは素材の劣化などによって発生しますが、体型を貧相に見せるだけではなく、スーツの外見の価値を下げることになります。もちろん修正は可能ですが、費用対効果の観点から新しく購入を考えたほうが良いかと存じます。

参考までに私が鏡を見ながらジャケットの試着をする場合はまず前ボタンを留め、最初に前から見て肩幅がジャストサイズであるか、次に横から見て首の後に隙間(抜き衣紋)が無いか、そして最後に背中の月皺を確認します。そして前ボタンを留めて息苦しさを感じる場合はワンサイズ上げ、同様の手順を繰り返します。

パンツの裾丈はワンクッションが適切と考えますが、私の場合はパンツを一番上まで上げた状態でくるぶしが丁度隠れる長さを基準としております。この長さはパンツの着用時に少し下がってギリギリのワンクッションとなります。ちなみにカジュアルパンツは同様にギリギリでくるぶし全体が見える長さで裾を詰めています。

下記に示すスーツの適正サイズの図解は世界共通となっております。特に説明の必要は無いと思いますが、左端の列の色付きの着こなし図が正しいサイジングです。



関連記事

Tom Fordのサングラス(LOUIS)を購入しました
E.Marinella(マリネッラ)の東京限定ネクタイ
BOGLIOLI (ボリオリ)のスーツ

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

投稿総数:

2012年~2019年の投稿

もっと見る