Church's(チャーチ)のShanghai(シャンガイ)


4年前の夏ごろにChurch's(チャーチ@churchs)のシャンガイというモデルが国内で爆発的に有名になりました。このモデルは同ブランドとしては異色の経年加工が施され、イタリアではここぞとばかりに履いているスナップ写真を良くみかけました。ただ当時は日本で品薄であり、また12万円を超える可愛くない値段も相まって、履いている方はそれほど多く見かけませんでした。



当時海外通販デビューをしていた私は、同ブランドの似通ったモデルであるFRAMPTON(生産中止)をイタリアのサイトで見つけて個人輸入いたしました。シャンガイほどのインパクトは無いものの、総額3万円以下であったので上手にお茶を濁すことができました。

その後、現在に至るまでシャンガイはセール価格であっても6万円台が底値といった印象です。参考までにシャンガイは素足でも細身のパンツでも良く合います。初心者の方にはオススメできませんが、INCOTEXやPT01などがお好きな方であれば上手くコーディネートできると思います。

ココをClick→記事タイトルとURLをコピー

コメント

アクセスが多い投稿

Gianluca Vacchi氏は何者なのか?

イタリア人と日本人の足型の比較

Santoniの革靴を個人輸入しました

Parabootの革靴(CLAUDEL)を個人輸入しました

テーラード ジャケットの袖ボタンの付け方

ベルルッティ結びの結び方(動画・図解)

このブログを検索

連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *